美味しかったふるさと納税も、事実上今日が最終日。お急ぎください!ありがとう、泉佐野市、小山町

2019年5月31日

美味しかったふるさと納税。

今日がさながら最後の晩餐となります。

本日をもって、ふるさと納税制度は事実上、終わります。

新制度とやらが、まったく美味しそうじゃないからです。

2008年にスタートしたふるさと納税制度、初年度はわずか33,149人の適用でしたが、

2016年度にはおよそ225万人まで拡大しています。

現在はもっと多いでしょう。その大半が、返礼品目当てということもあり、各自治体の競争が激化、

本来の主旨とかけ離れた暴走を始める自治体が後を絶ちませんでした。

総務省が「地場産品に限る」など一定のガイドラインを設けたにも関わらず、それを無視し続けた以下の4つの自治体が、明日6/1より、税控除の対象から外れます。

静岡県 小山町
大阪府 泉佐野市
和歌山県 高野町
佐賀県 みやき町

国の顔色を伺いながらも、商品券の配布を止めなかった静岡県小山町。

最後はヤケクソになって国にケンカを売りまくった泉佐野市。

その他にも、今回の出禁は免れたものの、ギリギリを攻め続けた自治体たちのおかげで、我々のような乞食には随分と美味しいプレゼントをいただくことができました。

小次郎がふるさと納税を始めた最初の年はまだ、長野県飯山市がまだ人気No.1で、

地元に工場があるという理由で、マウスコンピューターのタブレットやPCが、ふるさと納税でもらえたのです。タブレットは売ってしまいましたが、スティック型のwindows PCはまだ現役で使ってます。

翌年から、「転売できるようなものはNG」というガイドラインによって、消滅してしまいましたが。

さて、思い出話はこれくらいにして、本日寄付するのであればおススメの2自治体をピックアップします。

大阪府泉佐野市

現在、直営サイト「さのちょく」のみで受付可能ですが、アクセス集中のためか、既にサーバーが不安定のようです。夜になるにつれて重くなることが予想されますので、お急ぎください。

泉佐野市のふるさと納税おすすめ情報はこちらにまとめております。
アマゾンギフト券40%や、返戻率70%の商品も登場しています。

静岡県小山町

サーティーワンアイスの商品券4000円分

リンガーハット商品券4000円分

がおススメ。どちらも↑のふるなびから飛んでいただけば、
更にオマケでAmazonギフト券 コード405円分(3%分)がもらえます!

小山町のふるさと納税情報は、こちらでまとめております。

何度も言いますが、本日5/31迄!

ギリギリの時間は、サーバーダウンも予想されます、お急ぎください。