宅建試験/受験生応援!小次郎メソッドの一部を追加公開します!事務所5点セット、インスペクションなど

どうも小次郎です。

みなさんお久しぶりです。

小生の近況としましては、「賃貸不動産経営管理士」の、4問免除講習に行って参りました。

うーん、色々と思うところはありましたが、今日はその話ではなく。

宅建試験、いよいよ残り1か月ですね!

小次郎も1年前の惨状が思い出されます。

模試を受けてもC判定。過去問も、25点前後をウロウロ。なかなか合格点まで行かず、

「あー、こりゃダメかな。思ったよりも難しい試験だったな。。。」

などと、弱音を吐きかけていましたが。

毎回同じところを間違えていることに気づいてからは、少し作戦を変えることにしました。

それが、小次郎メソッドの元となった、小次郎ノートです。

※ゴメンナサイ、このページは去年の統計のところなので、今年の試験にはお役に立ちません…

それまでは、過去問を間違えては基本テキストに戻り復習、、、ということを繰り返していましたが、

結局暗記ポイントを押さえないと、過去何年分の過去問をやっても一緒だな、ということに気づいたんです。

そこで登場したのが、赤黒2色のボールペンを用いた小次郎ノート。

そうそう、中高の定期試験で使った、赤い下敷きを使った暗記方法。

こういうやつです

 

基本的には、試験まで残り1か月の期間で、
過去問をやるたび毎回のように間違えてしまう、覚えにくい箇所ピックアップし、
蓄積していきました。
過去問で頻出の問題が中心となっています。

また、基本テキストは2周ほど読み込んで、基本的事項はある程度抑えてはありましたので、
小次郎式暗記メソッドは、

ある程度基本を押さえた人が、仕上げとして重要暗記ポイントを押さえる

ために適しています。

本日は受験生応援!ということで、小次郎メソッドの一部を公開したいと思います!

 

まずは免許がえのところ。3パターンあります。
まとめて覚えましょう。取引士の登録の移転も間違えやすいポイントですので、セットで覚えます。

次に、保証協会の2つの1週間、事務所5点セットなど。

基本テキストなどではバラバラに登場しますが、ここもセットで覚えます

ついでに、大規模建築物の語呂合わせもご紹介します。

 

最後に、またがる系シリーズです。

・防火地域がまたがる場合
・建蔽率や容積率がまたがる場合
・用途制限がまたがる場合
・斜線制限などがまたがる場合

それぞれ扱いが異なります。

また、インスペクションの3大書面の記載の違いもまとめました。

これらも基本テキストではバラバラに登場しますが、まとめた方が覚えやすい事項ですね。

まーこんな感じで、
・まとめて覚えやすく
・語呂合わせを用いて
・人物など関連付け暗記法で、より記憶に刻み込める

ように作っております、「小次郎式 宅建 語呂合わせ & 暗記メソッド」は、

資料請求いただくだけで無料で配布しております!

残り1か月を切り、ちょっとの暗記が足りない方には大変おススメの学習法となるはずです。

是非チェックしてみてくださいね。

また、直前期の過ごし方についても、こちらでまとめております。よろしければご一読くださいませ。

皆様の良い結果に少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。



ランキングに参加しております。よろしければクリックをお願いできますと励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 六本木食べ歩きへ
にほんブログ村