この書式はあくまで例ですので、実際の内容に応じて適宜修正してください。また、追完請求書の作成にあたっては、専門家(弁護士や司法書士)に相談することをお勧めします。

売買不動産の土地の面積が契約時の表示よりも実際は少なかった事が判明した場合。

追完請求書
作成日:2024年X月X日

売主殿
住所:____________________
氏名:____________________

買主
住所:____________________
氏名:____________________

物件情報
物件所在地:____________________
土地面積:____________________

契約内容
契約日:____________________
契約金額:____________________

追完請求の内容
拝啓
貴殿との間で締結した上記不動産売買契約に基づき、物件の所有権移転登記を完了しましたが、その後、土地の面積が契約時に表示されていたものよりも少ないことが判明しました。

【面積不足の内容】
契約時の土地面積:______㎡
実測土地面積:______㎡
不足面積:______㎡

この不足に対して、民法第562条に基づき、以下の対応を求めます。

不足分の土地の提供
不足分に相当する金銭の補償(具体的な金額の提示)
これに伴うその他の費用(具体的な費用の提示)
上記の対応について、2024年X月X日までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。ご連絡いただけない場合には、法的手段を検討することになりますので、ご了承ください。

何卒、早急なご対応をよろしくお願い申し上げます。

敬具

____________________
買主署名:_______________

次は土地の面積ではなく、雨漏りが発見された場合のケースを取り上げます。具体的な状況に応じて内容を調整してください。

追完請求書
作成日:2024年X月X日

売主殿
住所:____________________
氏名:____________________

買主
住所:____________________
氏名:____________________

物件情報
物件所在地:____________________
建物概要:____________________

契約内容
契約日:____________________
契約金額:____________________

追完請求の内容
拝啓
貴殿との間で締結した上記不動産売買契約に基づき、物件の引き渡しを受けましたが、その後、建物内に雨漏り(耐震強度が不足/水道管の不具合で水が出ない/シロアリが発見された)が発生していることが判明しました。

【雨漏りの内容】
発見日:______________
発生箇所:______________
具体的な被害:______________

この雨漏りに対して、民法第562条および契約不適合責任に基づき、以下の対応を求めます。

1. 雨漏りの修理
2. 修理に伴う費用の負担(具体的な金額の提示)
3. 雨漏りによる被害の補償(具体的な被害内容と補償金額の提示)

上記の対応について、2024年X月X日までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。ご連絡いただけない場合には、法的手段を検討することになりますので、ご了承ください。

何卒、早急なご対応をよろしくお願い申し上げます。

敬具

____________________
買主署名:_______________

次は不動産売買契約において、土地の地目が契約時の説明と異なっていた場合の契約不適合責任の履行を求めるための追完請求書の書式例です。具体的な状況に応じて内容を調整してください。

契約不適合責任履行請求書
作成日:2024年X月X日

売主殿
住所:____________________
氏名:____________________

買主
住所:____________________
氏名:____________________

物件情報
物件所在地:____________________
土地面積:____________________

契約内容
契約日:____________________
契約金額:____________________

契約不適合の内容
拝啓
貴殿との間で締結した上記不動産売買契約に基づき、物件の引き渡しおよび所有権移転登記を完了しましたが、その後、当該土地の地目が契約時の説明(宅地)とは異なり、実際には畑であることが判明しました。

【契約不適合の内容】
契約時の地目説明:宅地
実際の地目:畑

この契約不適合に対して、民法第562条に基づき、以下の対応を求めます。

地目変更の手続きとそれに伴う費用の負担
地目変更が不可能な場合、または実行が困難な場合、相当する金銭の補償(具体的な金額の提示)
上記の対応について、2024年X月X日までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。ご連絡いただけない場合には、法的手段を検討することになりますので、ご了承ください。

何卒、早急なご対応をよろしくお願い申し上げます。

敬具

____________________
買主署名:_______________